アジア

イジェン火山

火山と言えば燃え盛るような赤い溶岩、赤い炎をイメージすると思います。

しかし、インドネシアのジャワ島に、青い炎を吹く火山があります。

青い炎を服吹くその火山は、綺麗というより、どこか恐ろしさを感じさせるような雰囲気を醸し出しています。

出典:http://tg.tripadvisor.jp/

イジェン火山、実はこのあたりの「イジェン複合火山」の内の一つ、イジェン山になります。

インドネシア東ジャワ州にあるこの成層火山群の中には、およそ20キロメートルの幅を持つ大きなカルデラがあります。

数ある火山の中で、最も高いものをムラピ山といます。

ムラピ山の西側には、1キロメートルの幅をもつ綺麗な緑色の火口湖があり、世界最大の好酸性火口湖として知られています。

出典:http://tg.tripadvisor.jp/

イジェン山はこの火口を下ったところにあり、青い炎は夜間にみることができます。

付近の町からムラピ山の火口湖まで2時間、そこから45分間ほど夜間のハイキングをしながら、この景色を眺めることになります。

出典:http://www.jakartabewishinternational.com/

ちなみに青い炎の正体は、600℃で岩の隙間から燃焼して噴き出している、硫黄ガスのようです。

炎は最大5mほどまで立ち昇り、ガスの一部は液体に凝縮して火が付いたまま流れ落ちています。これだから、夜には幻想的なイジェン山を見ることができるんですね。

出典:steptoindonesia.blogspot.com
出典:http://www.lostateminor.com




アクセス


イジェン火山までの行き方ですが、まずはじめに、ジャワ島東部のスラバヤという街に行きます。
日本から行く場合、スラバヤまでの直行便はないので香港で乗り継ぎます。
日本からスラバヤまでの所要時間は約12時間です。
スラバヤ着の飛行機は夜間の到着が多いようです。

スラバヤに泊まり、一晩休んだ翌朝に向うことをオススメします。

スラバヤからは、はじめバスに乗り、イジェン山の周辺にあるバニュワンギに行きます。
そこからは前述したように約2時間山を登り火口へ行き、少し下って〜といった感じです。
また、イジェン火山の頂上では硫黄臭が非常に強烈なようで、マスクを持っていった方が良いみたいです。
標高もかなり高いので、明け方に山を登る方は、羽織れる上着も持っていったほうがいいかもしれません。

 

宿情報


「My Studio Hotel City Center」

出典:booking.com

スラバヤ最安クラスなのに朝食込みで、部屋にはエアコンも完備。無料WiFiも有り。シャワーは共用です。石鹸とタオルは無料で借りることができます。

街の中心部にも近く、空港への無料のシャトルバスも手配してくれます。ツアーデスクもあり、レンタカーの貸し出しも行なっているので、観光にはとても便利な宿かと思います。